にゃんこ日記2

4歳幼稚園児の長男と1歳の長女の育児に奮闘中!

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
先週の木曜日
幼稚園で玉ねぎをとってきた息子
「自分でトントンする~」って言うし
自分でとってきたものやから、やらせることに。

左手をネコの手にして上手にトントンしてるところに、みーちゃんが眠くて号泣
落ち着かないから先に寝さそうと離れた瞬間

「痛い」と泣いた
見ると左手の親指の付け根がブスッと3センチほどパックリ切れて、キッチン血だらけ

まず止血しないとと、とりあえず手元のタオルで圧迫しながら、これは縫わないといけないから病院行かなきゃ

片手ではるくんの手を圧迫してるから、片手で・・まず電話
今診てもらえる病院をおしえてもらおうかと思ったけど、まだ6時!
かかりつけの総合病院に電話し、いろいろ聞かれて待っていると
「今日の当直は消化器外科ですが、子供は診れないそうなので、●●病院か八幡へ行ってください」と。
消化器外科は子供というだけで切り傷も診れんのかい

はるくんを見ると、号泣を通り越し、真っ青な唇でガタガタ震えてる

急いで●●病院に電話したら、「保険証を持ってきてください」と!
良かった~診てもらえる

さて次は、縫うとなれば大騒ぎだろうし、みーちゃんは預けて行ったほうがいいな・・と思い、友達に電話したら快く子守りを引き受けてくれた
すぐにはるくんの手を圧迫止血しながらみーちゃんを預ける準備をし、
さぁ行こう!と思ったけど、この圧迫止血はどうしよう。。
と考えてたら、先日買ったばかりのふきんと、先日巻きなおしたばかりの
伸びる包帯があるのを思い出し、傷口にキレイなふきんを当てて包帯でぐるぐる巻きにし、友達んち経由で病院へ

実は●●病院は私の職場。。
一般の診察は終わったところだったので、あまり待たずに診てもらえた。
「これは縫った方が早いな」と縫合の準備。
はるくんは疲れ切ってウトウト。
でも、さすがに麻酔の注射がいたくて、ベッドの上でひっくり返る勢いで
「痛いーーーーーーー!!!!!」と叫んでました
「明日も消毒に来てください」と言われ、みーちゃんを迎えに行って帰宅。

みーちゃんはおりこうさんにしてたよ~って友達は言ってくれたけど、
家に着くなり「おっぱいが欲しい!!」と大泣き
授乳してるとはるくんがキッチンで何かをしていて、「こっちにおいで~」
と言ってもなかなか来ない。
みーちゃんが寝たころにはるくんも寝てしまい、ごはんの用意をしようとキッチンに行くと・・
なんと
血だらけのキッチンの血が拭かれていた
手が痛くて血も怖かっただろうに、汚したと思ってきれいにしてくれたのかな
なんてけなげな子や

翌日、消毒に行き、しばらく通院と言われると思いきや
「傷口はキレイやし、次は1週間後の抜糸まで家で消毒でいいよ」と。
さすが身分を知られている病院。。

ということで、毎日傷口を観察しながら母が処置してます。

早く良くなりますように
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
Pass:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。