にゃんこ日記2

4歳幼稚園児の長男と1歳の長女の育児に奮闘中!

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011年1月12日、義母が亡くなりました。

2010年10月25日(月)病院で検査し、かなり病状が悪く翌日入院、木曜日には手術になりました。
病院にかかり病気が悪いことを知らされたときは、全く予想もしていなかったので私もパニックになり・・
1人っ子の旦那もいてもたってもいられず、その晩は実家で義母と過ごしました。
でも義母はあまり驚いた様子もなく「なってしまったものは仕方ないな」と言ってました。
手術前の医師の説明は、ホントに驚くほど病状が悪く、旦那はただ茫然とし、私は義母の身に起きていることとは信じられず他人事のようでした。
義母の命が長くないことを知り、今まで親孝行なんて全然できてなかったけど、後悔しても仕方ないので、これからできることはしようと毎日面会をして、孫と一緒に過ごす時間を持つことにしました。

大きな手術も無事に終わりましたが、次第に食べられなくなり、もともと細かった義母もガリガリに痩せてしまいました。
食事がきても2~3口しか食べなかったり、しまいには配膳すら拒否。
みかんなら食べられると、みかんはよく食べてました。

高い熱が毎日のように続き、それも義母の体力を奪いました。
夕方になると熱が上がり、一晩に3回も4回も着替えることもありました。
入院してから頭にアイスノンを欠かしたことがないくらい。。

クリスマスは家で・・と思いましたが、義母もしんどそうで帰れなかったので、クリスマスプレゼントに靴下とレッグウォーマーを渡すと、喜んでくれました。

年末から急に具合が悪くなりましたが、元旦にはおせちを持って行ってあげると、少し食べれました。
体調が良さそうだったので、短時間でも外出するように強く勧めてみたけど、大みそかから大雪で、すでに義母は歩くこともしんどい状況だったので、できませんでした。
1月3日、面会に行くと、息も絶え絶えといったかんじで、もういつ急変してもおかしくないな~と旦那と相談し、お正月だったけど親戚に「会いたい人がいたら来てほしい」と伝えると、みんな来てくれて、結果的に賑やかなお正月になりました。
1月4日から先生が仕事始めで、積極的に苦痛を取る薬を使って下さり、母も少し楽そうでした。
「靴下をはかせて」と言った義母の足はカサカサ。
入院してから一度もお風呂もシャワーも入ってなかったので、たらいにお湯を汲んで洗ってあげました。
そのあたりから義母の体調の良い時を選んで清拭もしてあげました。

1月7日、病院に行くと、師長さんから個室へ移る説明があり、義母もショックだろうけど個室へ移りました。
そばで見てると呼吸がおかしく、10秒の無呼吸で体を動かすこともなく、話しかけるとかろうじてうなずく程度。
これは呼吸が危ない!と旦那に帰ってきてもらい、その翌日から連休ということもありから旦那と私で24時間付き添いました。
親戚の方も協力して1泊してくれました。

1月11日から血圧が測りにくく、触診で60台。
お腹が張ってしんどいということで、鼻から管を入れてもらいました。
すごく嫌だったみたいで「はずして」と言いました。
これが私にとって義母の最後の言葉になりました。
酸素の値も急に下がり、酸素マスクをしたけど、何度も振り払い、手も冷たく値も測れなくなったので、酸素マスクははずしました。

1月12日、旦那が朝7時に帰ってきたので、交代で病院に行きました。
血圧は測れず、手足も冷たかったですが、義母は声をかけるとわかっているようで、しんどいのか体を右向いたり左向いたりしていました。
義母のお姉さんが10時に来て下さり、11時に交代で家に帰りました。
みーちゃんが9・10日と熱を出してて、ブツブツが出てきて突発だったので、寝させてたら、14時に旦那から電話があり、用意をしてかけつけたけど、間に合いませんでした。
でも、旦那や兄弟が見守る中だったので、お義母さんも安心されたのでしょう。

私にできることはしたつもりですが、あまりにも早すぎるお別れに、いまだ信じられないかんじです。

スポンサーサイト
コメント
全然知らなくて。
そんなことがあったなんて…全然知らなくってごめんね。
ほんとに大変だったね。
でも、にゃんこさんがいろいろお世話してあげて、きっとお義母さまも喜んでおられただろうね。
それにきっとはるくんやみーちゃんの存在も。
にゃんこさんも、インフルエンザとか流行っているし、疲れが出ないようにしてね。
2011/01/21(金) 23:34:47 | URL | マカロン #- [ 編集 ]
マカロンさんへ
あまりに突然の告知に驚いて、事が大きすぎてあまり人に言えなかったの。。
こんなに早くにお別れすることになるなんて思ってなかったけど
ホント私にできることはしたし、孫の顔も見せられたし良かったと思うよ。
まだネンネの時期のみーちゃんを、ベッドで横になってる義母の横に置いて添い寝させてあげると喜んではったし
何もわからない無邪気なハルトを見て気分転換にもなったんじゃないかな。

突発のみーちゃんに続き、ハルトが昨日から熱出して、
インフルエンザかと思ったら、溶レン菌やったわ。
疲れが出たのかな。
私は元気です!
2011/01/24(月) 18:43:28 | URL | にゃんこ #- [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
Pass:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。