にゃんこ日記2

4歳幼稚園児の長男と1歳の長女の育児に奮闘中!

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
先日みーちゃんの赤ちゃん訪問の際、前々から気になっている
はるくんの言葉が遅いことについて保健師さんに相談したら
「お母さんが心配なら発達相談を受けることもできるよ。
ただ、予約がいっぱいで、いつになるか・・」と言われました。

まぁ、しゃべれんことはないし、いいか~と思ってました。

あと、3歳半健診でひっかかった視力検査の再検査をお願いし
後日保健センターに行ったところ、
「10月5日の発達相談のキャンセルが出たんやけど・・こんなことはめったにない」
と言われ、「じゃあ受けます」と軽い気持ちで決めました。


そして昨日はその日。

まず、いつも健診でしてるような積み木でトラックを作ったり
絵を見て名前を言ったり、鉛筆で書いたり、折り紙を折ったり
といったことをもっと細かくしました。
それで40分くらい
はるくん途中で飽きたか、できないからやる気を失ったかで
全然ダメ

それから先生と私で話し合い。
はるくんは言葉は出てきてるし、発音が悪いのも口のまわりの筋肉が
つけば、気にならなくなるでしょうとのこと。

むしろ、人の真似をして何かをするようなことが苦手=人から言われたことを
するのが苦手らしい。
そして、手先も不器用、運動機能もゆっくりめ。

まずは日々のコミュニケーションで、はるくんからの発信だけでなく
母からの発信に応えられ、やりとりができるようにすると良いと教えてもらいました。

あとは、手先が不器用だと手首の筋肉がつきにくく、鉛筆を持ったり
箸を持ったりできないので、こねる・そそぐなどさせてあげると良いらしい。

運動機能については、ただ走るとかではなく、平均台のような不安定なものを
渡るなど、体のいろんな筋肉を使うような遊びをすると良いらしい。

そして、来春から保育園に行かせたいと言うと、はるくんは早生まれで
もともと周りの子より幼いうえに、発達もゆっくりだから、ついていくのが
しんどいかもしれない。
今回の結果を保育園に引き継いで、お母さんの希望があれば支援員を派遣することも
できるよって言われて、お願いしてきました。
年中から保育園になじめるか、周りについていけるかは心配していたので
そうやって発達の専門の先生から園に引き継いでもらえるのはありがたい

もうすぐ保育園の申し込みなので、この時期に発達相談を受けられたのは
本当に良かったです。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
Pass:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。